2011年04月17日

目覚めの連鎖

城南信用金庫、かっこよすぎるわ!!(感涙)・・・これ見た?理事長のインタビュー。



この語りと存在感から受ける感動・・・どこかで似たような感動を受けたぞ、と思って一瞬考えてすぐ思い出したよ。厚労省の村木厚子さんの語りと存在感や!!もちろん、村木さんは原発とは全く関係ない話やけど。

メモなんか一切見ず、魂深くから語られる真実の言葉の力強さ・・・自分の仕事に誠実に取り組んでいる人の言葉、その佇まいというものは、それだけで凄まじい光を帯びるんやわ、と実感。じわっと涙腺がゆるんでしまうのよ(;;)

あ、あともうひとり。原子力資料情報室(CNIC)で連日会見をしている、元原子炉格納容器設計者・後藤政志さんの語りからも同じ感動を受ける。ただただ格納容器の説明をしているだけでも、誠実な技術者の苦悩が本当ににじみ出ててさぁ。(;;)

そうそう!京大原子炉実験所の小出裕章先生の「声」、すごいええと思わへん?あれも、長年の誠実さがもたらしてきた響きなんちゃうやろか、とか思うわぁ。

・・・こんなん見させられたら、燎原の火のごとく、目覚めの連鎖が始まるでぇ。



posted by 笹野みちる at 00:23| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。