2011年03月11日

自宅にて

まさに、14:45分過ぎに東京郊外の家を出て、でかけるところでした。

ちょっと遅刻しそうやったから、ダッシュで家を出て、表通りに出る石段を駆け上がっていると、石段横の古いビルの窓が妙にビリビリ揺れている。「強い風吹いてんなぁ。それにしても風を感じひんけど。なんでやろ?」と、自分が猛烈な勢いで階段を駆け上がっているから、それが風ではなくて地面が揺れているとわかったのは、石段を上り終えて通りに出たところだった。足元が大きくふらつく。人々が路上でざわめいていて、ビルから人が駆け下りて道に次々出てきた。そのときに、ようやく大きな地震なのだと理解した。東京も、震度5弱。

そして、電車は完全にストップ。ケータイも不通。ケータイメールも不通。そのまま自宅に引き返し、自宅で今も待機しています。ちょっとだけ、部屋の物が落ちたりしてたけど。今も断続的に余震がずっと続いている。

テレビがないから、ラジオやUストリームの映像で状況を見ているけど、本当に大変なことになってる。明日になったら、もっともっと状況がわかってくるんやろけど、とりあえず今は、不必要なパニックや恐れの感情には絶対に巻き込まれないようにしよう、などと思う。どんなときでも、本当にどんなときでも、「あたたかい気持ち」を抱きながら過ごそう、と思う。信頼感、祈り、と言い換えてもいいかもしれないけど。それさえ絶対に守り続けられれば、後はその都度、絶対に必要な動きがとれる。そう導かれるはずやから。

東京でも帰宅難民の人たちが大変やねん。さっそく今、ここから少し離れたところの会社で、足止めをくっているという知り合いから連絡あり。迎えにいって、泊めてあげることに。

私は大丈夫です。渾身の力で、あたたかな気持ちで、祈っています。

とにかく今は、知り合いを迎えにいかなくては。







posted by 笹野みちる at 20:38| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。