2011年05月29日

パフスクールから帰ってきました!

いろんなところから、駆けつけてくれはった方々との、濃密であっという間の2時間やった。

久しぶりに会った、いつもライブに来てくれたはるお客さんの姿もちらほら。「元気やった?」「無事で何よりやったねぇ」と言葉を交わす。北原みのりさんも来てくれて、持前の過激かつピュアな“北原節”が聞けたのもよかった(あ、『スモール イズ ビューティフル』早速注文したよ!北原さん!)し 、オーガナイザーの沢部ひとみさんの、福島県いわき市でのボランティアの話も貴重だった。そして、客席の中には、実際に東北のある地域で被災され、今はこちらに避難しているという方もいた。その人は、終わってから直接私に話しかけにきてくれて、自分の経験を語ってくれた。ここでは具体的には書けないが、ただ涙ぐむしかできない、言葉を超えた苦悩の現実。本当に、私には返す言葉がなかった。

とにかく、それでも、来てくれはったみなさま、会えて嬉しかったです。ありがとうございました。


それでや。

帰ってきてから、独自にホールボディカウンターを利用した内部被曝検査を行うことを明らかにした、福島県二本松市長のインタビュー映像を見た。

凄かった。これが今日の話の結論や、とすら思った。

「この3.11を境に、新たな安全・安心、経済優先から人間尊重・人間優先、自然や地球環境と共生できる持続可能な美しい豊かな未来を築く・・・その歴史の分水嶺であると判断しています。そうした歴史の分水嶺にしていかなければならない。そうすることが・・・この地震や津波や放射能によって、多くの尊い命が失われております。また、今もなお、多くの方々が行方不明になっております・・・そういう、犠牲になられた皆さんに応える、唯一の道だと確信しています。」

このように最後の部分で語った市長は涙ぐんでいる。本当に魂の底からの訴えが伝わってきた。

今、「供養」という言葉が意味を持つとするならば、この市長が語っている内容にこそある、と思った。そして、都会に住んでいる人間のやるべきことも、これに尽きるやろう。悔い改めて、生き直して、表明していこうや。

二本松市長のインタビューは、こちら。


posted by 笹野みちる at 02:31| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

パフスペースでのトーク(ライブ)、まだ行けるみたいよ!

気が付いたら、もう明後日になってしもたな〜。パフスペースでの催し。

久しぶりの「講演」な試みですけど、どっちかていうと、私の話は1時間ぐらいで、その後、ほんのちょろっと弾き語りして、最後に、参加してくれはった人達と一緒にディスカッションをざっくばらんにたっぷりやりたいと思っています。

なんか、震災から2か月半が経って、きっとウツの波みたいなもんが訪れている人たちも少なからずいてはるんちゃうかなぁ〜と思うねんよなぁ。あまりの過酷な津波の映像とその後の余震がトラウマになっているとか、原発のことで思うことはいっぱいあるのに、周りに心配かけたらアカンと思って内に秘めて我慢してるとか、まるで原発などなかったかのように過ごしてきたそれまでの自分を振り返り、拭い去れない罪悪感にからめ捕られてしまってるとか、使用済み核燃料の処分のことを考え始めたら気が狂いそうに絶望的になるとか、もっと直接的に、小さい子どもがいて放射能のことが心配でたまらんのに、世間の空気が自分の不安感とかけ離れてて一層不安になるとか、・・・とにかく、そういうものを思いっきり表に出して、みんなでシェアできるきっかけになればええかなぁ、と思ってます。私の話は、そのたたき台という感じでとらえてもらえればええんちゃうかしら。

とにかく、状況がどうであれ、人間はいつだって「癒されるべき」なんちゃうかなぁ、と思う昨今です・・・いや、癒されるべき、ていうのは変かな・・・「癒され“得る”」っていうたらええんかしら。どんなときでも癒しは訪れるんや!ってね。

「癒し」、とは「安心感を与えること」。
「心が休まっている」っていう状態は、矛盾するみたいやけど、あらゆる有意義で活発な活動の「基礎」やと思う。
そんな場所になったらええなぁ、と思います。・・・ていうか、そんな空気に私自身もぜひ触れて癒されたい。

というわけで、明後日、楽しみです。みなさまよろしくお願いします!

明日(27金曜日)の15時までの振り込みができるなら、まだ前売りでいけるそうですんで、もしまだ迷っている方がおられるようでしたら、ぜひぜひ来てくださいね。語らいましょう。

詳しくは、下記パフスクールさんからの講演会紹介文をどうぞ〜!

-------------------------------------
<パフスクール>

パフスクールは、ジェンダー、セクシュアリティ、マイノリティの視点に立ち、生きる知恵と勇気を共有し、学び合う場です。

笹野みちる講座「3.11後の私
講演 「3.11後の私」
●講師 笹野みちるさん(ミュージシャン)

20110424175723f43.jpg

1988年、ビクターより「東京少年」でメジャーデビュー。バンド解散・ソロデビューの後、'95年、幻冬舎より『ComingOUT!』を出版。日本のメジャーシーンでは初めてレズビアンとしてカムアウトしたことで話題を呼んだ。現在は東京在住にて、インディーズ活動を気の向くままに行っている。

●講演概要
 東日本大震災は、私の心深くに何をもたらしたのか?――日々の暮らしが津波で一瞬にして奪い去られた被災地の様子。私達の暮らしを支えていたはずの「原発」の崩壊。目に見えず手の打ちようもない放射能の恐怖が、ここ東京でもリアルに迫ってくる日々――あまりにも唐突に崩れ去った「日常」の瓦礫の上にたたずみ、まず何から始めるべきか?――3.11以前の心の用い方を根底から問い直し、あらゆることに「積極的な意思」を振り向けて生きるという試みを模索してみたい。

●日程  2011.5.28(土) 18:30開場19:00開演
●定員 30名(最少開講人数10名)
●会場 パフスペース(東京メトロ東西線早稲田駅徒歩5分)※地図はコチラ
●受講料 事前振込2,000円 当日支払2500円
●申込受付期間 5月1日〜5月27日(※延長しました。定員に達し次第、申し込みを締め切ります)
●申込フォームはこちら https://ssl.form-mailer.jp/fms/b6e380f2145107






posted by 笹野みちる at 22:51| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

見て来た・・・『100,000年後の安全』

・・・帰ってきた。

さっきの記事、何をそんなに急いで書きなぐらんとあかんかったかというと、映画『100,000年後の安全』を映画館まで見に行く時間が迫ってたから。ほんで、今、帰ってきた。

・・・結論から言うと、素晴らしい映画やった。皮肉なほどに芸術的な作品であり、どんな言説よりも原発の愚かさ恐ろしさを知ることができる映画やった。

これを見終わった瞬間に、小出裕章さんが「全ての原発を即刻停止すべきだ」と、しょっちゅう言うたはる意味が、ホンマに理解できた。もう、一分一秒たりとも、核燃料を燃やしてほしくない。使用済み核燃料をこれ以上1mmたりとも作りだしてほしくない。

帰ってきてYahoo!のトップニュース見たら、首相の記者会見で「原子力のより安全な活用方法が見いだせるなら、さらに活用していく」などと述べていたらしい。

とんでもない!!

・・・ホンマに、この映画、今すぐすべての人に見てほしいわ。

こんな調子ではアカンのや。

まだまだ、今、この国に生きてるもんは、やらなあかんこと山積みやで!!




posted by 笹野みちる at 22:54| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〈内在〉的事情と〈超越〉的事情

あかん。「あたたかい気持ちで居続けよう」とか書いたくせに、もう、ウツになりそうやわ。ウツには10年以上前にずいぶん悩まされて、もうあんな日々はこりごりやわと思ってたけど、今の世の中の現実が、あの頃の個人的なウツ事情をはるかに凌駕してしまうほど深刻で暗澹たる状態なんやもん。

そう。多少の募金はしたよ。だけど、私が津波で流されたわけでもない。放射能汚染は確かに人ごとではないけど、強制避難区域に住んでいるわけでもない。そんな立場であっても、原発のことは3.11以降、最初っから気になって気になって仕方がなかった。とにかく、結構な情報をインプットして勉強した。そして、色々考えさせられて、考えが追いつかなくて、直感レベルではもちろん沸々と何かが内面で燃えてるんやけど、左脳が追いつかなくて言語化できず、もんもんとしてるうちに、若干ウツっぽくなってたけど、今日、宮台センセの文章読んで、ものすご雲がサ〜っと晴れわたって、元気になった。そんで、私のこういうときの判断材料なんやけど、文章や発言や人のたたずまいを見て涙が出てくるかどうか、というので言ったら、やっぱり最後の方の文章でウル〜っと涙腺がお緩みになったから、これは真実やと思う。(って、ものすご説得力ないかもしれんねゴメンナサイ!)

宮台センセは、実は私、80年代から結構ファンで、大学のときのゼミの教授が宮台センセのちょっと先輩やったりして、大昔にラジオでちょっとだけしゃべったこともあるんやけど、ホンマに「あ〜、これは一体なんや!この問題のそもそもの背景には何があんのや!?」と、溶けない「問題の本質」という飴を口のなかでグリグリ必死で舐めまわしているようなときに、大抵「おおおお、そうそう!そうやったんか!!」と、目からウロコが落ちることを言うてくれはる。

で、その文章はコチラ(宮台センセのぶろぐ)。むちゃ長いけど、飴が溶けなくて苦しい人は是非読んでみて。『マル激・原発篇』の「あとがき」らしいです。


ちょっと今、時間なくて自分メモっぽいけど、こんなかに出てくる、次の2か所で私は涙した。

●〈内在〉を前に〈超越〉はいつも頓挫する

●我が国が行政官僚制肥大を克服できない理由は、単に行政官僚が政治家よりも頭が良いからとか強いからという話でなく、我々自身に、関係性内部での立ち位置ばかり気にして真理性や合理性を優越させない〈悪い心の習慣〉があり、それによって〈悪い共同体〉を営むからだ。


あー、ぜひこの前後の文脈をしっかり読んでみてほしい。

「気楽」な立場のもんが、せめても今、やらなあかんことは何なのか、ということが、しっかり書いてある。やっぱり、ホ・オポノポノやないけど、「ごめんなさい・赦してください・ありがとう・愛しています」と、いうことから始めるしかない!!(限りなく意味不明やったらすんません)


posted by 笹野みちる at 18:28| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

今月末、今度は東京で講演します!

そやそや、大事なこと書き忘れてたやんかいさ。

今月の最後の土曜日、5/28(土)に、今度は東京・早稲田のパフスクールで久々に、講演します。
この日は、ここ最近ブログで綴りまくっているようなことを、包み隠さずしゃべるつもり。最後にちょろっと弾き語りもする・・・かもしれん。

とにかく今、原発震災というものが引き金となり、日本に住む一人ひとりの生き様が問われる時代が始まったんちゃうかと思う。特に、東京に住む私みたいなもんの責任は大きいと思う。土地のしがらみも家族のしがらみもなく、思う存分考えて、自由に意見を表明し行動できるもんが、やらんでどーする!?って思うよ。たとえどんなにそれが、ささやかでちっぽけであったとしても、や。

なんかホンマに、「隠されているもので、あらわにならないものはなく、秘密にされているもので、ついには知られ、明るみに出されないものはない」(新約聖書・ルカによる福音書8章17節)ってのを、今こそ肝に銘じなあかんときはないわ。ウソは必ずバレる。欺瞞的な仕組みは必ず崩壊する。この法則が真実やということが、世の中で証明されまくってて恐ろしいほどやわ。まずは自分の心の中のチェックをおこたらんようにせな・・・。

というわけで、パフスクールの講演詳細は、コチラです。
ぜひ、お待ちしております。



posted by 笹野みちる at 23:28| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただいま〜&・・・浜岡!!

いやいや、なんとか無事に二日間の福岡でのライブを終え、昨日帰ってきました。ずいぶん遠くから駆けつけてきてくれたファンの方々とも会えたりして、ホンマにありがとうございました。

・・・しかし、福岡・博多のセクマイ・インディーズのネットワークの底力というか、層の厚さ、レベルの高さにビックリ&感動でございました!出演者のバラエティーの豊かさもさることながら、オーガナイザーのクロさんが在籍するGuzzle Pittや、“アニキ”と呼ばれている響子(ひびきこ)さんの、まぁ〜ホンマにその歌、たたずまいのカッコええこと!!やっぱり福岡って骨のあるミュージシャンを昔からばんばん生み出してるだけのことはあるわぁ・・・と、もっそ納得しました。2日目もご一緒した東京からのオナンさんのサービス精神旺盛な愛に溢れるパフォーマンス(!)に度肝を抜かれ爆笑したり、サポートピアノの佐藤金之助さんの素晴らしい即興伴奏に感動したりと、とにかく楽しい日々でした。

私はといえば、福岡の街で衝動買いした服と帽子をかぶって、ちょっと80年代な頃の自分を思い出したりしつつ(笑)、化粧もせずに飛び出して、相変わらずのこころもとないギター弾き語りやった(苦笑)。MCでは東京の3.11後の様子や、原発の話なんかも語ってしもた。いやはやしかし、福岡の皆様にはホンマにお世話になりました!!また行きたいな〜〜〜。ちなみに、5日は、ちょっと足を伸ばして、久留米在住のミド姐ことハラミドリさん家に遊びにいってもた。めちゃ楽しかった〜!また寄せてな〜ミド姐!!

そして!昨日は疲れ果てて寝てしもて、気ぃついたら管さんが「浜岡止めます」との報道にビックリ!!ちょうど今、渋谷でのデモがUストリームで中継中。今回は出られへんかったけど、4月のときは私も参加した高円寺バージョンの渋谷版。一応、浜岡は止まることになりそうやけど、ここから本格的なエネルギー政策の転換にこの国が動きだすように、もっともっと心をこめて世の中注視して、魂こめて生きていかなあかん!と、決意しながらUストリーム流しっぱなしにしてる今日の私です。

やっぱり、なんも特別な地位にいなくても、フツーに生きてる人間の、ひとりひとりの心が何に気付き、何を反省し何を変え、どんな人間として日々存在するのかが一番大事やねんやわ、と思う。そういうもんが、世の中を動かしていくんやなぁ、というのを、今まさに現在進行形で感じる。人ひとりの、心の奥底に当たり前に流れてた思い込みが「変わる」ことの力強さを、ホンマに感じる。

あー。

他にも福岡で色々考えたこととか(九州電力のやってる「九州エネルギー館」ってのにも空き時間に行ってきた。玄海原発の模型とか、自然エネルギーのオマケみたいなコーナーもあって、その内容も・・・どえらいツッコミ満載の展示やった!)、あるにはあるんやけど・・・・あまりにも福岡の街が明るすぎて目がつぶれそうに眩しかったこととか。今の東京の暗さって、けっこう落ち着くんやなぁ、今後もこれでええんちゃうか、と思ったりとか・・・・

・・・今日はこのへんで・・・部屋の掃除せな!!(笑)





posted by 笹野みちる at 16:12| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

5/3,4と福岡でライブ!

早いもんで、もう5月やで!

だいぶ前からお伝えしてましたとおり、博多どんたくと全く同じ日程で、福岡で弾き語るで!

今日もスタジオで個人練習みっちりやってきたわ〜。準備もほとんど終わったし、あとは寝るだけ。明日の昼には福岡入りです。楽しみやわぁ。宝満山登るヒマあるかなぁ。

5/3の方は、地元のセクシャル・マイノリティのミュージシャン達が
企画して毎年開催してきた『Sound Summit』というイベント。
しかも今年は、10周年スペシャルやねんて...すごいわ〜、福岡。(;;)
めちゃたくさんのミュージシャンが出演しますが、
私は夜の10時くらいからです。ちょい遅めやけど、よろしく!!

そして、翌日5/4は、『Sound Summit』のアフターパーティーっぽく、
もうちょっとプライベートに、ゆっくり弾き語りトーク&ライブ。

ご一緒するのは、その筋では有名な、ドラァグ・クイーンの
オナン・スペルマーメイド(かなりエッジのきいたお名前ですよね…)さん。

小僧系40代な私と、艶やかドラァグなオナンさんとのコラボって、
一体全体、どういう世界が出現すんねんやろ?と、ややドキドキですが、
実は私、けっこうドラァグなおねえさま達のショー、大好きやねん(^^)!
映画『プリシラ』とか知ってる?笑いながら泣ける世界よぉ...(感涙)

というわけで、どちらも、誰でも、大歓迎!!のピースフルなライブなので、
地元の方や、お近くにお越しの方、駆けつけたるでぃ!という方々、
是非是非、福岡にてお待ちしておりまーす!!

●『Sound Summit 2011』

日時:5/3(火・祝)
OPEN 18:00/START 18:30

会場:The Voodoo Lounge(ブードゥーラウンジ)
福岡市中央区天神3-2-13 天神センターBLD.3F
tel.092-732-4662(当日のみ)

料金:前売り=2,000円 フライヤー持参=2,300円 当日=2,500円
※いずれも要1ドリンクオーダー

<ご予約はこちら> soundsummit@hotmail.co.jp
Sound Summit公式サイト→ http://ss.k-toom.net/

18:00 開場
18:30 ナノパンクス
18:50 屋良朝友
19:15 caRcha
19:40 borderless
20:05 Guzzle Pitt
ーーー休憩ーーー
20:40 オナンスペルマーメイド
21:10 Otussy
21:35 頭六九
22:00 笹野みちる
22:30 とんちピクルス
22:45 響子
23:00 終演予定


●2011 Sound Summit AFTER PARTY!!
『Special Live〜ゆめのおといろ〜』
出演:笹野みちる/オナン・スペルマーメイド(Support 佐藤金之助)
yumeiro.jpg
日時 : 5/4(水・祝)
OPEN 18:00/START 19:00

会場 : Bistro Eze 音楽室(ワインバー)
福岡市博多区中洲2-1-11プレイスポット新橋ビル2F
http://bistro-eze.info

お問い合わせ 092-262-8353

料金 : 3000円(1drink付)

※御席は先着順となります。立ち見、及び入場制限をお願いする場合も
ございますのでご了承ください。





そうそう。4/29は、明治大学の立派なビルのでっかいホールまで、小出先生の講演会を聞きにいってんけど、もんのすごい人やった。あと30分遅れてきたら、入れへんところやった。
SBSH0027.JPG

小出先生の講演が終わった瞬間の割れんばかりの鳴りやまぬ拍手に、自分も拍手しながら涙出た。会場中の人が、小出先生に駆け寄っていくんちゃうやろか、というぐらいの愛を感じさせる拍手やった。

しかも、会場に入りきらへんかった人達のところまで出てきて、挨拶までしたはったらしい。涙が出てしまう映像。
posted by 笹野みちる at 23:34| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。