2011年04月26日

ミツバチの羽音と地球の回転!!!

・・・見て来たで!!『ミツバチの羽音と地球の回転』。

ちょっと前の過去記事にも書いたけど、上関原発に対する、祝島の島民達の反対運動のドキュメンタリー映画。それだけにとどまらず、スウェーデンの自然エネルギー導入への取り組みが挿入されてたりして、今、このタイミングで日本で生活してるもんが見たら、ホンマにリアルに突き刺さる映画やと思う。

原発のことをを真剣に考え始めると、あっちゅーまに色々な大問題が浮かび上がって、深刻な矛盾とかにも突き当り、どんどんと大きなテーマを考えざるを得なくなる。過疎化について、グローバル経済の弊害について、大量生産、大量消費社会の問題について、産業革命以降の資本主義・貨幣経済の矛盾について、戦後日本のアメリカとの関係について・・・等々、もうそうなってきたら、完全にアタシのアタマにゃ無理よ、と、一挙にメンドクサクなってしまうのも無理はないところやねんけど、そういうことにじっくりとりかかるのも大事やけど・・・その前に、直観にしたがって自分のできることをせなあかんねんや!!とも思う。最後は自分の内面からの問いかけに、自分がどう応えるのか、あるいは逃げるのか、なんやろな。それは、直接原発に関係ないと思えることであっても。どんなに小さなことでも、日常に潜んでる魂売るか売らへんか、みたいな問いかけがいっぱいあるんよなぁ。

人生を振り返ったときに、ああ、あそこで私は自分の内側からの呼び掛けに目を伏せて、魂売ってしもたなぁ・・・という悔いこそが、一番の悔いになるんちゃうやろか。物質的な損やら得やらは色々あるけど、やっぱり魂売るか売らへんか、ってのが、最後に残る大問題で、人間は深いところでちゃ〜んと自分が嘘ついたかどうかは、自分でわかってるもんなんちゃうやろか。それやったら、今から注意深く魂を大事に生きていくべきよなぁ。。と、しみじみ思う。

・・・思うけれども、自分の意思でどんな逆境にもめげず、魂売らずに生き切れるもんやろか、という不安があるよ。だからこそ、「祈り」に向ける真剣さが出てくるし、悔い改めて出なおせば神様はいつでも許してくれはるわ、という安心感も大事やっちゅーことよなぁ。

とにかく、映画見ながら涙がダーダーやったわ。祝島のおばちゃん達の闘志に心震えて涙止まらんかった。ジャンヌ・ダルクやでぇ、ひとりひとりが。・・・そういえば、リュック・ベッソンの映画『ジャンヌ・ダルク』にも、最後の最後で、壮絶な内面の問答のシーンがあったなぁ。。。


あ、『ミツバチの羽音と地球の回転』は、今週の水曜まで渋谷でやってるで。
posted by 笹野みちる at 00:33| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

そして、やっぱりこの人やな〜・・・孫さん!すごい!

何十年も前から地道に反原発を訴えてきた学者や市民運動の人達に加えて、今や、高円寺に集まってきたレゲエやヒップホップ好きやったりする大勢のフツーの若者や、城南信金のえらいさん・・・そして、日本で一番成功してる企業の社長までもが、脱原発を唱えるようになってんにゃで!

しかし・・・孫さんのこの民主党議員へのレクチャーは、ホンマに凄いわ。やっぱり、実務家やでぇ!!こんだけオッサンらを「その気にさせる」脱原発プレゼンできる人は、今はこの人を置いて他にないわ。

さぁ、それぞれの持ち場で、できることをがんばるでぇ〜〜〜!という希望が湧きおこるプレゼン。必見です。

孫 正義 講演 「震災復興に向けて」
posted by 笹野みちる at 02:43| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

目覚めの連鎖

城南信用金庫、かっこよすぎるわ!!(感涙)・・・これ見た?理事長のインタビュー。



この語りと存在感から受ける感動・・・どこかで似たような感動を受けたぞ、と思って一瞬考えてすぐ思い出したよ。厚労省の村木厚子さんの語りと存在感や!!もちろん、村木さんは原発とは全く関係ない話やけど。

メモなんか一切見ず、魂深くから語られる真実の言葉の力強さ・・・自分の仕事に誠実に取り組んでいる人の言葉、その佇まいというものは、それだけで凄まじい光を帯びるんやわ、と実感。じわっと涙腺がゆるんでしまうのよ(;;)

あ、あともうひとり。原子力資料情報室(CNIC)で連日会見をしている、元原子炉格納容器設計者・後藤政志さんの語りからも同じ感動を受ける。ただただ格納容器の説明をしているだけでも、誠実な技術者の苦悩が本当ににじみ出ててさぁ。(;;)

そうそう!京大原子炉実験所の小出裕章先生の「声」、すごいええと思わへん?あれも、長年の誠実さがもたらしてきた響きなんちゃうやろか、とか思うわぁ。

・・・こんなん見させられたら、燎原の火のごとく、目覚めの連鎖が始まるでぇ。



posted by 笹野みちる at 00:23| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

信じられん・・・。

東日本大震災:復興構想会議 原発除外に異論が噴出
2011年4月14日 21時5分 更新:4月14日 22時53分 毎日jp

「全国民の英知を結集する」として菅直人首相が発足させた東日本大震災復興構想会議(議長・五百旗頭真防衛大学校長)の議論が14日始まった。6月末をめどに第1次提言をまとめることを確認したが、首相が議論の対象から原発問題を外すよう指示したのに対し哲学者の梅原猛特別顧問らから異論が噴出。震災発生後の本部・会議の乱立や政治主導の政権運営に疑念を呈する発言も相次ぎ、復興構想の具体化に不安を残すスタートとなった。【平田崇浩】

 「原発問題を考えずには、この復興会議は意味がない」

 以前から原発の危険性を唱えてきた梅原氏は会議の終了後、記者団にこう言い切った。首相自ら特別顧問就任を要請した梅原氏だが、東京電力福島第1原発事故の収束する見通しの立たない中、賛否の割れる原発問題に踏み込みたくない首相の意向と会議の間に初会合からずれが生じた。

 原発事故の被害に苦しむ福島県の佐藤雄平知事は「原子力災害も皆さんに共有していただきたい。安全で安心でない原子力発電所はありえない」と提起。秋田県出身の脚本家、内館牧子氏も「地震、津波、原発事故という3本の柱で考えたい」と述べ、復興構想の中に原発をどう位置づけるかが議論の焦点の一つになりそうだ。(以下略)



・・・ちょっとちょっとちょっとぉ〜、なにを考えてんのっ!!さすがにこれはアカンで。既に世界中でむっちゃくちゃ大問題なってんねんで。今こそ、日本がとことん反省して本気出して生まれかわらんでどーすんのっ!何びびっとんねん!!!・・・と、今回ばかりはホンマに怒りが込み上げてきたでぃ。ぷりぷりっ!!梅原じーさん、ここはひとつ頑張ってぇ〜!(涙)

しかし菅さん・・・ほんまにこんな腰抜けなおっさんが、自分の国の首相やなんて泣けてくるわ。こらもうみんなデモに行かなあかんでぇ!各地でデモどんどん始まってるみたいやしな。京都も大阪もこの週末やらはるみたいやん?(これまた大手メディアで報道されへんのよ。先週の高円寺なんてものすごい人数やったのにほぼ完全無視やもんな。東電の謝罪広告とか載せてる場合ちゃうでっ!)

●それに比べて城南信用金庫、かっこええわ!!(涙)もうちょい近くに店舗あったら口座つくんねんけどな〜。

posted by 笹野みちる at 01:14| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

“One Love”

震災から一ヶ月の今日、またしてもグラグラと余震頻発。まるで日本の大地が喘ぎ、もんどりを打ち、のたうちまわってるんちゃうやろかという気がしてくる。どうかどうか、お鎮まりください、お怒りをおおさめください、と、ひれ伏して祈りたくなる。どうすれば、このお怒りが鎮まるのか真剣に考えねば、という古代人のような(いや、せいぜい150年前ぐらいの人々ですらそうやったかも)焦りの気持ちが湧く。

飯舘村のこと、気になる。30km圏外で安全と言われ続けてたにも関らず、放射能が高数値になっていた場所。ツイッター上では「せめて早く妊婦さんと子ども達だけは逃げて!」と、心配する声がずっと上がってたのに、政府による具体的な動きが全くとられなかった。そこへようやく政府が全村を計画避難区域に指定。一月以内を目安に逃げろ、と。

それに対する、地域の人々の反応が、あまりにも引き裂かれていて、辛い。「どうして今頃?安全安全と言ってたのに!政府に裏切られた!生活の基盤が壊れるので動けない」、という声が上がっていると言う。目に見えない、すぐには感じられない放射能の性質が憎らしい。

京大原子炉実験所の小出先生が講演会で言うてた。自分は原子力の専門家として、実際に放射能汚染の危険が及んでいる地域の人々に対して「家と土地と愛する故郷を捨てて早く出て行け!」と言わざるを得ない立場にある。だけどそれは、そこに根付いて生きてきた人達の幸せを根こそぎ奪うという宣告であり、かといって、それを言わないと見殺しにしてしまうに等しくなる。つまり、原発というのはそういう理不尽を内包しているものなのだ。だから自分は原子力の専門家として、こういう悲劇を生む原発に、反対しなければならない、と。

そんで、そのことにようやく今回のことで気付かされた人たちが、ものすごい増えてきたんやと思う。昨日の高円寺の「原発やめろデモ」に集まってきた15,000もの人たちも、そんな中の一部やと思う。ホンマに行ってよかった。おびただしい人の群れなんやけど、完全に個人個人で集まってきただけ、と思われる多様多様な感じ。実際に参加してみて感じたけど、この自然発生した人々のエネルギーはホンモノやと思った。

私がたまたま歩いていた少し後ろに、ギターを引きながら歩いているおにいちゃんがいて、ボブ・マーリィの“One Love”をずっと替え歌で弾き語ってた。「わんら〜ぶ、わんはぁ〜と、げんぱぁついらない、ふぃ〜るおぉ〜らいと」「わんら〜ぶ、わんはぁ〜と、い〜のちぃ〜をまぁもろう、ふぃ〜るおぉ〜らいと」の繰り返しがだんだん周りの人にも伝播してきて、思い思いにコーラスをつけてリフレイン。そのうち太鼓が加わったりしはじめて、私も山登りの熊除け鈴を振り始めて、その一帯が歌あり楽器ありのええ感じのアンサンブルを奏ではじめ、それでず〜〜〜っと3時間行進することになった。私らのすぐ後ろはまた全然違うテンションで、シュプレヒコールを繰り返している一群やったから、個人的には「ああ、たまたまボブ・マーリィのおにいちゃんの近くにいてよかったぁ♪」と思いながら歌い歩いていた。

だんだんあたりも暗くなってきたけど、歌はず〜っと繰り返された。途中でおにいちゃんのギターの弦が一本切れてしもたけど、残りの弦をかき鳴らしながら歌は続けられた。デモの人数がとてつもなかったこともあって、しょっちゅう歩みは止められて、めっちゃ時間がかかったけど、誰も列を離れようとした人はおらんかった。とにかく、歌い続けた。こんなに休憩なしに歌うたったんは私も初めてかもしれん。

歌っている人たちの顔に、どんどん幸せそうな笑顔が浮かんできてるのに気付いたときは、思わずウルっときてしもた。みんなちょっと前までは見ず知らずの人たちやったのに、こんなに気持ちがひとつになって“One Love”を最高の笑顔で歌い続けてる・・・どっぷり夜になって、高円寺の駅前に辿りつき、ようやく曲がしめられてジャカジャカジャカ〜っと盛り上がり、幸せな気持ちでさらっと解散してんけどね。ほんまに、みんなただ歌ってただけで、ことさら会話もなかったけど、ものすごい愛に溢れた素晴らしいデモ行進やったと思う。

帰ってきて、あらためて“One Love”の日本語訳を見てみたけど、めちゃくちゃ深くて、まさに今この時代に突き刺さる内容やったのね。そこまでとは知らんかった。びっくりしたわ。・・・ボブ・マーリィ、ありがとう。

posted by 笹野みちる at 02:54| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

ただここにあるいのち

4・10の高円寺原発やめろデモ、行ってきたでぇ。凄かった…とりあえず今日はもう寝るし詳しいことは明日にでも。

とにかく、すっごい人やったよぉ!!感動したよ・・・従来のイメージからする「デモ」というよりも、みんなが「愛」にあふれてた。もうユーチューブとかでけっこう様子がアップされてるし見てみて。

歩きながらケータイを頭の上にかざして撮った写真をとりあえず1枚。

SBSH0008.JPG

豊かになるためでも、成長するためでも、なんのためでもなく、「ただここにあるいのち」を大事にしたい、っていう気持ちが、「愛」なんやなあ。原発は私らにそれを教えてくれた。


posted by 笹野みちる at 01:25| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

4・10(日)は高円寺のデモに行くで!

原発の存在がいつか、かつての奴隷制のように、「よくあんなことがしゃーしゃーと大手を振ってまかりとおってたもんやなぁ。。。」という驚きとともに振り返られる「歴史上の遺物」になるイメージが、ここんとこよう心に浮かんでた。

そう思ってたところに、あるツイッターで、

「我々の豊かな生活には欠かせない」「廃止すると社会や経済が成り立たない」「効率的」「ちゃんと管理すれば死なない」「必要悪」原発の話じゃなくて、かつて奴隷制を擁護した人たちが言ってたことね。

↑という一文が目に留まった。やっぱりなぁ、ほんま、原発と奴隷制って、かなり近似やで。

世の中の常識って、振り返ってみればすっかり変わっていたりするのに、その渦中にいるときは、あまりの堅固なシステムにがんじがらめになっていて、何をどーしたって変わらへんわ…としか思えなかったりする。だけど実際、真実は「諸行無常」なんやね。ようは、どんなもんでも変わるんや。

つまり、原発かって諸行無常。「おごれるものは久しからず」って、めちゃ真実やんやっぱり!と、思うようになってきた。ただ、自然にすぅ〜っと変わる、なんてことはありえなくて、激しい気付きと覚醒によって変わる、というものがあるんやと思う。そういう、激しい気付きと覚醒が、運命的に何かのきっかけで訪れる、というのが歴史の不思議なんかもしれんけど。

そういうわけで、とにかく、今度の日曜日の高円寺の原発やめろデモに、行くつもりやねん。
多くの人たちの心の中で、何が起こって、何が生まれようとしてるのやろか。

とにかく、「原発」はあかん!あれこれ理屈をつけて「原発」の研究・開発に惹かれていく心根や、それとがっちり結びつく政治や産業のシステムは、変えなあかん!と、すごく思ってきつつある今の状態そのまんまで、とりあえず参加してみるで。


4.10原発やめろデモ!!!ウェブサイト
(スケジュール)
14:00 高円寺中央公園(駅南口徒歩1分)に集合
15:00 デモ出発!!!!! 
新高円寺駅、東高円寺駅を通り、一周して高円寺駅北口解散!

デモ呼びかけ人・リサイクルショップ店長 松本哉さんのコラム(マガジン9)
↑世の中の状況は深刻やけど、この人のコラムはめっちゃ笑えた。4コマ漫画にも爆笑。こういうときやからこそ、この「笑い」ってめっちゃ大事やと思うわぁ。「よっしゃ〜、やるでぇ!」って気になるやん?
posted by 笹野みちる at 14:34| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

具体的に、沸々と。

具体的に自分にできることなど限られてるのはわかってるし、怒りや恐怖に囚われて無駄に心を乱し続けるよりも、心の中をできるだけ平和な気持ちで満たしながら真摯に祈ることが最善なんやというのもわかってるねんけど、それでも・・・それでも!今回の「原発震災」という側面に関しては、ずっと心の底の方で、沸々と考え続けている。深い反省を伴って。今回のことが起こるまでは、リアルに原発について考えたことは、正直言って、なかった。

でも、知ってしまったからには・・・もう、あかんやろ、どう考えてもリスクが高すぎるやろ、地震大国で津波も来て、もっと単純に、とんでもない人為的ミスを完全になくせる保障なんてあらへんし、日頃のメンテナンスのたびに、作業員が被曝せざるを得ないシステムや、何万年も手のつけようのない核のゴミが出るシステムや・・・原発なんて、最初っから無理くりの無茶苦茶やん!と、ちょっとでも知れば、感覚では即答できるのに。

それでも、まかりとおってきた。国策として。何の迷いもなく、ものすごい力で推進されてきた。

広島・長崎の原爆、アメリカの核実験による第五福竜丸の被爆、東海村JCO核燃料加工施設の臨界事故を含む、頻発するあちこちの原発事故・・・と、悲惨な経験やあまりにも危険な失敗を何度も繰り返してるにもかかわらず、懲りもせず、「そうはいってもやっぱり原子力ありき」の国の姿勢。

いや、それがようやく、未曾有の地震・津波による大被災に加えての、今回の福島の大惨事で、みんながリアルに恐怖を味わい、いやがおうにも原発のことを勉強せざるをえなくなった。こらあかん、もうええ加減に原発依存からこの国は抜け出さなあかんやろって、100億円寄付しながら孫正義までもが言うようになった。ほんまにハラ据えて、今後の政治動向に関っていかなあかんわ、と、私も思ってるし、多くの人が真剣に思うようになってきてるハズやねん。もちろん、自分達が今まで何を求めて生きてきたか、今回のことで何に気付き、今後どういう風に生きていきたいのかっていうところまで一緒に考えなあかんねんけど。

昨日も、夢の島まで「第五福竜丸」を見に行った。高木仁三郎の本も読んだ(この人はホンマにデカイ。この人の言ってることについては、またいつか私も改めて考えて書いてみたい)。ここ数日で、色々、原発にまつわる資料を読みあさった。知れば知るほど、あまりの問題の大きさ、根深さに、どっから手をつけていいのか途方にくれ、暗澹たる思いにかられそうにもなるけど、とにかくハッキリさせなあかんのは、「そうはいってもやっぱり原発は必要!」っていう流れにだけは絶対に丸め込まれんようにせなあかんということ。「原発ありき」を完全に止めて、もっかい最初から、この国の現状や伝統や特徴を踏まえ、どんな風にこの国を形作っていきたいかを、人任せにせず自分達で、あらゆる側面からありとあらゆる可能性に心を開いて、夢を描いて、真剣になればええんやと思う。

そのために、最初に取り掛かるべき具体的なアクションは色々あると思う。今回の福島原発事故のことで建設工事の「中断」が報じられた山口県の上関原発の「今」を知ることもその一つやと思う。→「虹のカヤック隊blog
実は「中断」なんてウソ八百で、「調査」の名目で、海岸をダイナマイトで吹っとばしまくってるらしい・・・こんなきれいな海に原発みたいなもん建てたらアカンやろ!っていうシンプルな気持ちが、一番大事やと思う。「美しい」がホンマにわかれば、なまじっかな「損得」に打ち勝てるはずやん!と、私なんかは単純に思ってしまうんやけど、現場で反対運動している若者は、さらにものすごい勉強してて、「推進派の人たちの気持ちもわかる。なぜなら彼らは(地元経済のためには)『原発しかない』と思いこんでいるだけなんや」、みたいなことまで理解を示しながら運動してんねんで(涙)・・・この映像は是非見てほしい。今の若い人らはすごい徳が高いんちゃうか、とすら思う。




・・・とまあ、ようやく4月に入って、そんなことを考えている今日この頃です。

そして、5月の福岡のイベントが、中止にならずに実現してくれそうなんが、ホンマに嬉しいわ(涙)。

で、5/3(火・祝)の“Sound Summit 2011”に続いて、5/4(水・祝)も場所を移してやります。詳細は以下、主催者さんからいただいた告知ポスターと文章。

yumeiro.jpg

2011 Sound Summit AFTER PARTY!!

Special Live〜ゆめのおといろ〜

笹野みちる×オナン・スペルマーメイド

サウンド サミット 10周年記念のスペシャルゲスト、笹野みちるさんとオナン・スペルマーメイドさんが、何と翌日はプライベートな空間でライブを開催!!素晴らしいパフォーマンスを間近で感じてください☆

□日時 : 5/4(水・祝)
OPEN 18:00/START 19:00

□出演:笹野みちる/オナン・スペルマーメイド(Support 佐藤金之助)

□会場 : Bistro Eze 音楽室(ワインバー)
福岡市博多区中洲2-1-11プレイスポット新橋ビル2F
http://bistro-eze.info

□お問い合わせ 092-262-8353

□料金 : 3000円(1drink付)

※御席は先着順となります。立ち見、及び入場制限をお願いする場合もございますのでご了承ください。


-----------------------------------
ちゅうわけで、私と同じく東京から駆けつけるオナンさんとは初顔合わせ。このときばかりは、めちゃくちゃにクイアな時間が炸裂する・・・のかしら。まったくどんな展開になるのか未知数やけど、とにかく、ホンマに今、東日本は大変やけど、私も久しぶりに音楽でハッピーな波動を福岡の地から届けたいと思ってます。今回、まさにこんな時期に、こんな機会を与えて下さった“Sound Summit”には本当に感謝、感謝です。

楽しみにしててくださいね。

posted by 笹野みちる at 02:47| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。