2011年03月21日

光の碇

あれから、10日が経つ。

テレビとしては使うまい、と思っていたテレビ機能付きパソコンやったけど、迅速な情報入手も必要やと判断して、一昨年の暮れに購入してから初めて、その機能を使うことにした。

少年とおばあちゃんが瓦礫の下から10日ぶりに救助されてる生中継を見て、ヘリコプターが上がる瞬間に涙が出てきた。でも、飛び立っていくヘリの背後に映る町の風景は、あまりにも、あまりにも悲惨やった。被災地の様子や、被曝に関するニュースがどんどんと具体的に伝わり始め、胸が張り裂けそうな時間が続く。

東京にもじわじわと押し寄せてくる放射能の恐怖がだんだんリアルに感じられ、徐々に揺れが強くなるタイプの余震があるたびに、思わず玄関に走ってドアの鍵を開けたりする。あの日からずっと揺れが続くせいか、なんとなく、眩暈なのかホンマの地震なのかがときどきわからんようになる。コンサートも中止、花見も中止のお知らせが相次ぎ、デパートもスーパーも休業したり営業時間が短くなっている。

・・・あかん!こんなんに飲み込まれたらあかん!!と、突然思って、地震の前に通販で購入し、聴かずに放置されていたCDを、日の光が明るいうちに聴いた。ジョージ・セル指揮/クリーヴランド管弦楽団の1970年録音・ドヴォルザーク、交響曲第8番。

・・・こんなに音楽が魂に染み渡ったことはかつてなかったわ。涙と鼻水が溢れて、えらいことになってしもた。

ドヴォルザークの8番は、すでにケルテス/ロンドン交響楽団ので聴きなれてた曲やったけど、このセル盤の美しさはものすごかった。なんで早く聴かへんかってんやろ、と思ったけど、やっぱり、全然音楽を聴く気にならんかったのよね。息を詰める緊張が続いてて、それが今、久しぶりに浴びるように音を聴いたもんやから、暗い洞窟からいきなり外へ出たみたいになった。

目が眩むような光が降り注ぎ、森がさざめき、喜びに包まれて歌いながら大空を飛びまわる鳥たちの様子がありありと浮かぶ。故郷の美しい自然を愛し、祖国のこれまでの苦難を深く偲びつつ、全てを包み込む気高くあたたかいメロディーの奔流。19世紀のボヘミアの様子は全然知らんけど、ドヴォルザークの祖国への愛と自然賛歌、神への信仰が痛いほど伝わってきた。

それで思ったことは、唐突かもしれんけど、やっぱり「光」に繋がってなあかん、ということ。しっかりと「光の碇(いかり)」を心の底に下ろして、絶対に離れんようにせなあかんねん。そして、深く広大な光の海底にしっかり繋がってる感覚。そうせな、心は簡単に漂流し、「恐れ」という闇の波間で転覆させられてしまう。

ドヴォルザークの祖国愛は、ものすごい「自然への愛」と「神への感謝」とひとつやから美しいんやと思う。間違っても、己の力を誇示せんがための祖国愛なんかとはちがう。恐怖に怯える祖国防衛のナショナリズムなんかとは全く違う。ドヴォルザークの美しい音の流れの中には、いつも素朴で謙虚なもんを感じる。すごく、光に繋がってる感じがする。「愛」と「謙虚」と「光」はひとつやわ、と、ドヴォルザークを聴いているとそんな意味不明なことですら、完全に納得できたような気になる。

それで、すっかり生まれ変わったような気になって、またテレビを見始めた。そしたら、今、「被災に負けずにがんばろう!」という文脈の上で、巷の言説で溢れてきている「日本を愛する」という言葉が、私の中ではっきりイメージできた。「日本」を愛するというのは、今まで傷つけ、裏切ってきた日本を・・・つまり、今まで傷つけ、裏切ってきた他ならぬ「自分」を認め、赦し、癒し、愛する、ということなんやって。

まず、思いっきり泣きたい。それで、「ごめんなさい」って自分に言おう。色々な部分が自分にはあるのに、都合の悪い部分やイヤな部分を切り捨てて、フタをして、見ないふりをしてきた。怖くて虚勢を張って嘘ばっかりついてきた。そういう自分に、これを機にホンマに「ごめんなさい」をして、バラバラになった自分を全部抱きしめるとこから始めよう。

原発のことも、地震のことも、津波のことも、そして以前からズタズタにしてきた日本の風土に対しても「ごめんなさい」から始めて、全部を抱きとめるんや。それで、ドヴォルザークが祖国ボヘミアの自然をあんな風に愛したように、私も日本の自然の美しさを、もう一回本気で愛して感謝して、どうか心を入れ替えますから戻ってきてくださいと懇願するように泣いて、去ってしまった愛する人が再び完全に立ち現れてくれますようにと、心の底から改心してありありと目に浮かべるんや。

そういう気持ちで、これからは生きていきたいと思った。もう、3・11以前の時間には絶対に戻れへん。復興後のヴィジョンも、原発反対運動も、それ以前とは全然違う、溢れるような愛と光に基づいてやっていかなあかんと思う。恐怖と怒りは認めて手放すんや。みんなつながってる。原発も地震も津波も、日本も日本政府も地球も全部私や。避難所の生活を余儀なくされている人も、危険と隣りあわせで作業をしている人も、大事な人を失ってしまった人も、無念にも亡くなってしまった人も、全て、みんな私や。全てを抱きしめて、激しい痛みを恐れずに感じて、そして癒して、心の底から「ひとつ」であったことを確信して、真剣に、祈るんや。

それを忘れんようにしよう。もし忘れそうになったとしても、今度はすぐに気付いて、赦して、またすぐにひとつであることを思い出し、祈り、そして具体的に導かれれば躊躇せずに、行動に移ろう。

怒りじゃなく、光の碇をしっかり心に下ろすんや。



posted by 笹野みちる at 05:48| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東京、その後。

地震から二日経った。

余震がずっと続いてる。特に地震当日の夜は、けっこうグラグラしてた。例の知人は、渋滞でかなり待たせてしまったけれど、なんとか無事に車で迎えに行けて、うちに泊まってもらった。その日はさすがに気になり、いざとなったとき用に山登り用のザックに非常用のあれこれを詰め、グラっとくるたびにものものしく映し出される震源地と震度の速報が相次ぐUストリームのニュースを流しっぱなしにして、服を着たまま布団に入り、ほとんど寝られんまま朝を迎えた。

ほんで翌日、ようやく動き始めた朝イチ(といってもけっこう遅くなってから動き始めた)電車に乗って出かけ、夕方に帰宅。土曜の午後やというのに、恐ろしく車内が空いている。普段なら賑やかなはずの駅のホームにも人があんまりいない。やっぱりみんな、なんとなくでかけるのを控えていたんやと思う。

そして二日後の今日。日曜日。ものすご天気いい。しかもめちゃあったかい。今度は原発のニュースがひっきりなしに流れてくる。そのせいやろか、ものすごい天気ええのに、いつもならあちこちからパンパンと聞こえてくるはずの布団干しが全然みあたらん。それどころか、洗濯物をベランダに干している家も、ひとつもない。ホンマに、みんなそないに慎重なんやろか?と思いながら、私は溜まっていた洗濯物を今日中に乾かしてしまいたかったので、少し躊躇しながらも、派手にベランダに干した。

その後、買い物にでかけると、スーパーではカップラーメンとかトロロ昆布(放射性ヨウ素の害を回避するために事前に摂るのがいいとされている食品が、昆布。詳しくはこちら。)とか、ガスボンベとかトイレットペーパーがほとんどなくなってた。一応、最低限の備蓄は必要やと感じて、私もせんべいやらお菓子やら昆布やらワカメやらあれこれ買いこんで帰ってきたら、輪番停電が決定したというニュースが。自分の地域もしっかり入ってる。じわじわと不安が東京にも拡がって来ているのを感じてたら、友人からのメールで、ものすご感動するブログを教えてもらう。泣けた。もうツイッターとかで知れ渡ってんのかもしれんけど、もしまだ見てへん人は是非読んでみて。

Chikirinの日記(2011-03-13 03.11 大惨事とミラクル)

私も、地震当日に、「『あたたかい気持ち』を抱きながら過ごそう」なんて思わず書いてはいたけど、こういう記事をみてると、ホンマに実際のものすごい状況の中で、それを実践してる人たちが少なからずいてはるんやってことに感動してしもた・・・残ってるおにぎり、誰も取らへんねんで・・・きっと、もっともっと大変な状況の中でも、助け合って、譲り合って、誰のことも責めずに、一瞬一瞬できる事を懸命にやったり、一瞬一瞬真剣に祈り続けたりしてる人たちが今もいっぱいいてはるに違いない。私は東京の一角で、ほとんど被害は受けずに済んでるけど、たとえ今後何が起ころうとも、こういう気持ちは大事にせんとあかん、と、今再び思ったよ。

みんな、ものすごがんばってるんや・・・涙でる。何もでけへんことない。むちゃむちゃ身近なところから、あたたかい気持ちでいてるだけでも、絶対、どっかでめちゃ大きい助けにつながるって信じるで、私。

・・・さてと。

さっそく明日の停電に備えて、ちょっとおそなったけど、今からカレーたっぷり作りますわ。ちゃんとお野菜しっかりいれて。カレーやったらパっと食べられるもんな。
posted by 笹野みちる at 23:59| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

自宅にて

まさに、14:45分過ぎに東京郊外の家を出て、でかけるところでした。

ちょっと遅刻しそうやったから、ダッシュで家を出て、表通りに出る石段を駆け上がっていると、石段横の古いビルの窓が妙にビリビリ揺れている。「強い風吹いてんなぁ。それにしても風を感じひんけど。なんでやろ?」と、自分が猛烈な勢いで階段を駆け上がっているから、それが風ではなくて地面が揺れているとわかったのは、石段を上り終えて通りに出たところだった。足元が大きくふらつく。人々が路上でざわめいていて、ビルから人が駆け下りて道に次々出てきた。そのときに、ようやく大きな地震なのだと理解した。東京も、震度5弱。

そして、電車は完全にストップ。ケータイも不通。ケータイメールも不通。そのまま自宅に引き返し、自宅で今も待機しています。ちょっとだけ、部屋の物が落ちたりしてたけど。今も断続的に余震がずっと続いている。

テレビがないから、ラジオやUストリームの映像で状況を見ているけど、本当に大変なことになってる。明日になったら、もっともっと状況がわかってくるんやろけど、とりあえず今は、不必要なパニックや恐れの感情には絶対に巻き込まれないようにしよう、などと思う。どんなときでも、本当にどんなときでも、「あたたかい気持ち」を抱きながら過ごそう、と思う。信頼感、祈り、と言い換えてもいいかもしれないけど。それさえ絶対に守り続けられれば、後はその都度、絶対に必要な動きがとれる。そう導かれるはずやから。

東京でも帰宅難民の人たちが大変やねん。さっそく今、ここから少し離れたところの会社で、足止めをくっているという知り合いから連絡あり。迎えにいって、泊めてあげることに。

私は大丈夫です。渾身の力で、あたたかな気持ちで、祈っています。

とにかく今は、知り合いを迎えにいかなくては。







posted by 笹野みちる at 20:38| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

Sound Summit 2011・クラシックブーム・diversityとdivinity

・・・で、さっそくですが、下記の記事にも書きました福岡でのライブ詳細、出ました!!(←開いたらPC用とケータイ用と両方選択できるようになってます〜)

Sound Summit 2011”っちゅーイベントです。以下、サイト内の説明文より。

ゲイもビアンもノンケも、ひとりひとり、みんな違うからこそ大切な存在!−−−Sound Summitとは、年に一度、福岡のゲイ&レズビアン並びにセクシャルマイノリティーに理解のあるミュージシャンを中心に開催されるノンジャンル・ノンセクシャリティなライヴイベント。2002年にたった3組の出演者で始められたこのイベントも今年10周年。今や国内最大級のLGBTライヴイベントになりました。このイベントに参加されたみなさんが、それまでの自分では考えられなかった価値観を見出せること、「ひとりひとり、みんな違うからこそ大切な存在」このメッセージが、一人でも多くの方に伝わることを願います。

めっちゃええ感じのイベントやで、絶対。オーガナイザーのKUROさんとはメールのやりとりしかしてへんねんけど、これまためちゃええ感じの人やし。楽しみやねん。

今日から3月やし、5月なんてあっという間に来るでぇ〜。ぜひぜひGWは福岡・天神に来てくださいね!一応、ズボラなアタクシも、毎日ちびちびとギター練習してますのん。今まで弾いたこともない曲もいっしょけんめい練習中。ホンマ楽しみにしてて。ギターと歌と一緒に歌えるかどーか微妙やけど。(←アカンやんそんなん!)

いやしかし。

そういや、ついこないだ出たばっかりの『音楽で人は輝く』(樋口裕一著・集英社新書)はめっちゃおもろかった!なんの本かっちゅーと、クラシックの作曲家達の解説本。・・・ちゅうのも、昨年末から、ひょんなことをきっかけに、めっちゃクラシックにどっぱまってるワタクシですねん。

ひょんなこと、というのをもうちょい説明すると、実は、生まれて初めて年末に「第九」のコンサートに行く機会があって、なにげなく行ってみたん。ほんなら、自分でも驚くほどに感動してしもて・・・もう、第一楽章の最初の音がふわ〜って始まっただけで涙がウルゥ〜〜〜〜な状態に陥り、そこから最後までほとんど何かに憑依されたかのようにのめり込んで聴き入って、翌日からCDをネットで買いあさり、高校時代の音楽の授業中のレコード鑑賞で聴いて感動したドヴォルザークの「新世界より」なんかも思い出し、すぐ年明けにまたコンサート行ってしもたり(年末は「第九」、新春は「新世界」なのね、世の中…)、元クラシック少女ありちゃんに色々教えてもらったり、と(←あ、その後お礼もせずにゴメンな〜〜〜めっちゃ聴いてます!ありがとう!ちょっと今度あったら熱くクラシック談義したいわっ!!>ありちゃん)、とにかくえらい勢いでクラシックを聴きまくってる日々なん。

なので、いまや私のiPodは、レディー・ガガやルーファス・ウェインライトやらにまじって、おびただしいクラシック(かなりの割合で交響曲やねんけど)が蓄積されてきてる状態やねん。発端はベートーベンの第九やったものの、やっぱり私、ドヴォルザークのメロディーにものすご惹かれるっちゅーことがわかってきてん・・・なんちゅうか、ドヴォルザークってかなりPOPなのよね。ものすごメロディーメーカーな上に、ボヘミアの哀愁とかアメリカ黒人音楽からインスパイアされたちょっとブルージーなものが見え隠れしたりとか、とにかく、ニクイほど琴線に触れるねん。

そんで、「新世界より」のいろんな指揮者・オーケストラのバージョンを聴きまくってるうちに、ケルテスっていう指揮者が好きになって、その人の振るドヴォルザークの交響曲全集まで買ってしまったりとか急激にマニア化してんねんけど(最近、ドヴォルザークの交響曲第8番に痺れてんねん!)、そこから徐々にクラシックの歴史とか、作曲家の人間関係とかに興味が出てきてたとこやったから、上にあげた本がめっちゃおもろかったん。しかも、その本がちょうど、19世紀後半から20世紀初頭の、いわゆる「後期ロマン派」っちゅー、ドヴォルザークとかがちょうどそこに当たる時代の解説本やったからバッチリやってんよ。

いやぁ〜、ホンマにおもろかったなぁ。(まだ私が足を踏み入れてない)ワーグナーと、ドヴォルザークの師であるブラームスは、当時、双方の派閥で激しく叩きあってたらしいねんけど、その具体的なエピソードとか、(私はどっちかいうたら完全にブラームス派が好きなはず、と、まだワーグナー界隈を聴いてもいないうちから確信してんねんけど…)ブラームスと、ブラームスの師であるシューマンの妻=クララ・シューマンの感動的なプラトニック・ラブの話とか、それがどのように曲に反映されてんのか、とか、ものすご興味深い話がわかりやすくてんこもりで、クラシックの中でも後期ロマン派あたりが好きな人、しかも、クラシック初心者には激しくおすすめな本やでぇ。

しかし、なんでこんなにもクラシックに今、ハマれたんやろ?考えてみれば、昔からけっこうクラシックには触れてきてるはずやねんけど、ホンマに「めっちゃええわぁ〜!」と思えたんは初めてなんちゃうやろか。それは、もしかしたら私だけの偶然のマイブームなんじゃなくて、時代の空気なんかもしれん、とも思う。だって、よう考えたら「のだめ」あたりからけっこうブームやんか。もっと言うなら、ここのところの色んなニュースを見ても感じるけど、虚飾やウソが剥げ落ちて、本来そこにあった真実が求められる、表れる、という流れがあるやんか。そういうときに、そもそも崇高さや永遠というものに美を感じて生み出されてきた芸術であるクラシックが人の心に今ふたたび触れてくるのも、自然なことなんかもなぁ、とも思うねん。

あ、レディー・ガガの新曲!!・・・この人もついに本格的に活動開始や。今までも十分この人の存在から感じてきたことではあったけど、やっぱり聖なる世界に踏み込んできはったでぇ!!(歌詞に興味がある人はコチラ)・・・多様性と聖性、ちゅーのががっちりタッグを組んで時代の潮流になってきてるとしたら、めっちゃかっこええと思わへん??!!!ああ、ここらへんのことは、また別の機会にもうちょいよう考えて書いてみたいわぁ。。。
posted by 笹野みちる at 02:21| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。